結婚式場 選び方 決め方

結婚式場の選び方と気をつけるべきポイントとは?

結婚式場ってとてもたくさんあって、どこも素敵なので、どうやって選べばよいのかわかりませんよね。しかも、一生に一度の人生の晴れ舞台ですので、絶対に後悔しない式場選びをしたいものです。

 

そこでこのページでは、結婚式場の選び方と注意すべきポイントをまとめてみました。

 

「この式場を選んで良かった!」と思えるような式場選びの参考になさって下さい。

 

やりたことの優先順位をつける

後悔のない素敵な式場を選ぶには、まずはお二人の中で「これはやりたい!」と思うものを思いつく限りリストアップしていきましょう。それと同時に、「絶対にやりたくない」こともリストアップしておくと良いと思います。

 

それが終わったら、今度はやりたいことに優先順位をつけていきます。そうすると自分たちの理想の結婚式のイメージが湧いてくると思います。

 

結婚式場選びのポイント
  • 挙式スタイル
  • 予算
  • 招待人数
  • 結婚式の時期
  • 場所
  • 演出

 

この中でも、先に招待人数を決めておくと会場も早く決められます。招待客の人数を把握できていないと、のちのち会場に入りきれなかったなどのトラブルもありますし、予算も決まってきます。ですので、まずは招待客の人数を把握しておくのが良いでしょう。

 

披露宴の会場選び

披露宴の選び方も悩みますよね。最近は色々と種類も増えてきたので尚更です。では、どうやって披露宴会場を選べばよいでしょうか?

 

披露宴会場は、専門式場やホテル、ゲストハウスやレストランなどがあります。
大事なのは、披露宴の規模やゲストの顔ぶれなどをイメージすることです。

 

披露宴会場選びのポイント
  • どんなふうにゲストと過ごしたいか。
  • 仕事関係のゲストが多いなら格調高く、友人中心ならカジュアルに。

 

一般的に、親族や仕事関係のゲストが多い時は格調高いホテルなどで、友人関係が多いならカジュアルなゲストハウスやレストランが好まれるようです。

 

結婚式の日取り

おおよその結婚のイメージが固まったあとに一番大事なのが結婚式の日取りですよね。通常は大安吉日の土日に行うことが多いです。しかし、当然その日は人気があるので、すぐに予約が埋まってしまいます。

 

最近はあまり日取りにこだわらないカップルも多いようですが、もし親族に日取りを重要視する人がいれば、配慮は必要かもしれません。

 

当然、ゲストが忙しい「お盆休み」「夏休み」「年末年始」などは迷惑をかけるので、避けたほうが無難です。自分たちだけでなく、ゲストの立場になって考えるのも大事です。

 

安く結婚式を挙げる方法

あまり結婚式の日取りにこだわらないなら、平日や夜、仏滅の日などは大幅に料金が安くなる会場が多いです。挙式内容は変わらずに、かなりお安く式を挙げられるので、あまりお金をかけたくない場合は、検討してみても良いかもしれませんね。

 

ブライダルフェアへ参加する

イメージもかたまり、式場を5〜6ヶ所に絞れたら、絶対にフェアや見学会に参加しましょう。

 

ブライダルフェアに関してはこちらの記事で詳しく書いておきました。
>>ブライダルフェアのメリットとフェア別チェックポイント!

 

ブライダルフェアで気をつけるべき点
  • メモや写真をきちんととること。
  • ロビーやトイレ、会場までのアクセスなど、ゲスト目線でのチェックも忘れないこと。

 

結婚式場の予算・費用

式場選びで一番悩むのが費用ですよね。式場の規模や日取り、ゲストの人数などによって大きく変わってきます。

 

ですので、ここで大事になってくるのが、1番最初にお話した「やりたいことの優先順位」になります。

 

なので、全体的な予算とあなたの「やりたいこと」のバランスを考えて会場を選ぶ必要があります。

 

どれくらいの費用がかかるのかは、結婚式場の検索サイトなどでおおよその平均がわかりますので、参考にしてみてください。
>>結婚式場検索サイト

 

会場を決定する前に気をつけるべきこと

ブライダルフェアなどに参加して、自分たちの気に入った式場があった場合は、その場で本契約はしないで、まずは仮契約をしてください。そして一度家に帰ってから冷静になって判断してみて、おふたりが納得できたら、本契約しましょう。

 

仮契約の期間はおよそ1週間で、特に料金は発生しない場合がほとんどです。式場の予約は常に変動していて、予定していた日取りが埋まってしまう可能性もあるので、気になる場合はとりあえず仮契約しましょう。キャンセル料もかかりません。

 

そして本契約の前には、必ず親には確認しておいて下さい。後々のトラブルを避けられます。また、本契約では、およそ5〜20万円の予約金が必要になります。本契約後にキャンセルした場合のキャンセル料金のことも事前に確認しておいて下さい。

 

まとめ
結婚式場選びの方法から流れまでをまとめてみました。

 

ここで最後に、結婚式までのチェック項目を確認しておきましょう。

  1. 結婚式のイメージをおふたりで話し合う
  2. 挙式や披露宴のスタイルを検討する
  3. 招待客数を決める
  4. 結婚式の日取りを決める
  5. いくら使えるか予算を決める
  6. 気になる式場をリストアップする
  7. ブライダルフェアや見学会に参加する
  8. 気に入った会場は仮予約する
  9. 納得できたら本契約する
  10. 予約金を支払う

 

やることはたくさんありますが、一生に一度の大事なイベントですので、妥協しない式場選びをしてくださいね!